車と夜桜

我が家は都心に住んでいるため自家用車を持っていません。でも郊外に住んでいる友人には車があります。家族づきあいしているので、子供たちと遊びに行くときには友人の旦那さんが車で迎えに来てくれます。友人夫婦とその子供、そして私と私の子供たちを一度に乗せてくれる大きな車です。

友人の旦那さんの唯一ともいえる趣味が「車」なんだそうです。

「趣味が車」というと車にいろいろ手をかけるように思いますが、彼の場合はそうではありません。「車で家族や友人をいろいろなところに連れて行って喜んでもらうのが好き」なのだそうで、とても人助けに役立っている趣味なんです。

この車、屋根が開きます。

一度、夜の桜の季節に友人家族とこの車で出かけたことがあります。桜並木を通るとき、屋根をオープンにしてくれました。手で触れるほど近くに満開の夜桜。街頭でライトアップされた桜はそれは見事でした。どこまで進んでも終らない桜の並木道。開かれた車の天井からは子供たちの頭に桜の花びらがふってきます。大喜びの子供たち。

車というと今でもあのときのステキな思い出がよみがえります。「子供たち、たのしめたね。よかったね」という友人の旦那さんの笑顔と彼の車とともに。屋根の開く車に乗ったのは私にとってそれが生まれて初めての体験でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>