ARISTO V300ベルテックスEDが好き

トヨタのARISTO V300ベルテックスED(2006年式)に乗っています。

レクサスが発表され、最後のアリストでした。ビッグサルーンカーが欲しくて買った車です。街乗りには、不向きな大排気量です。エコカーとハイブリッド全盛の時代には、ちょっと人に言えない車になってしまいました。

改造は、ライトをイカリングに変更、ブレーキホース・パッドをTRDに、室内灯・ナンバーライトをLED化にしたくらいです。NAVIは、パナのナビを外部入力で純正モニタに出力して、フルセグも映るようにしています。購入して7年・50,000kmですが、時速100kmからでも気持ち良く吹き上がってくれるターボを手放す気にはなれません。

最近、ショックがちょっとヘタレ気味になってきたので、これを交換しようと考えています。まだまだ、エコな時代には申し訳ないのですが、まだまだ無駄に大馬力車に乗ってみたいです。

管理人の感想

この時代に逆行してこういう車に乗りたい気持ちはよくわかります。やっぱりパワーを一度味わうとなかなかそのパワーを手放せなくなります。始めは軽自動車でも満足できるのですが、一度大排気量の車に乗ってしまうともう軽自動車には戻れないですね。

少なくともメインの車として乗ることはできなくなってしまいます。時代に逆行した考え方になってしまってますが、こういう気持ちは車好きにはよくわかりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>